女性がダメンズに惹かれてしまう理由

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

どうしていつもダメンズに惹かれてしまうのか...。と悩みを抱えている女性は必見!女性がダメンズに惹かれてしまうには理由があります。自分でも気がつけないことがあるかもしれません。理由がわかれば納得してダメンズとお付き合いを続けられることでしょう。もしくは、理由がわかれば上手にダメンズを回避することも可能です。ここでは、女性がダメンズに惹かれてしまう理由をご紹介していきます。

 

女性が好きなダメンズの特徴

 

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

女性がうっかり惹かれてしまうダメンズ。ダメンズと呼ばれる男性にはどのような特徴があるのでしょうか。基本的に大きな口を叩きながら、実際には何の努力もしない男性。自分ができないことを棚にあげて周囲のせいにばかりしている男性のことです。そして、困ったシーンがくると、女性に助けてくれと涙ながらに訴える男性。女性はうっかりダメンズに救いの手を差し伸べてしまいます。身に覚えのある方もいることでしょう。そしてダメンズの大きな特徴は、女性には優しく、口先では大げさな愛を囁きます。また、本質的に自分に甘く弱い面があるため、嘘つきな特徴もあることでしょう。

 

女性がダメンズに惹かれてしまう6つの理由

 

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

このように文章で読んでみると魅力をあまり感じないダメンズですが、女性が惹かれてしまうには理由があります。

 

ダメンズの面倒を見て自己満足してしまう

 

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

元来母性本能が強く面倒見のいい女性の場合には、ダメンズに惹かれる傾向があるでしょう。ダメンズを見て甲斐甲斐しく世話を焼くことに喜びを感じてしまうタイプ。「私が何とか解決してあげよう」と尽くす心がいつもダメンズの餌食になってしまいます。ダメンズに忠誠を誓うことが自分の使命とばかりに感じてしまっているのです。そのため、ダメンズの面倒をみることに生き甲斐を感じて、面倒を見ている自分に満足してしまいます。実は、ダメンズの世話を焼くことで、自分の心を満たしているため、この手の女性はダメンズ依存症気味でもあるのです。ダメンズが女性に依存しているだけではないんですね。

 

ダメンズに頼られると庇護欲が芽生える

 

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

女性は小さくて可愛いものをみると愛でたい心が湧き上がります。赤ちゃんを守る心と似ていますよね。ダメンズのダメっぷりもそのように映ってしまうことでしょう。自分が守らないと死んでしまうかもしれないもの。そういった感覚がダメンズに惹かれてしまう理由です。確かにダメンズの心は小心で小物が多いため、小さくて可愛いものなのかもしれませんよね。誰かに守られていないとダメな物に見えてしまうのでしょう。

 

ダメンズの悪行にハラハラする

 

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

ダメンズは口先だけは大きな夢を語っています。そのためには手段を選ばないような悪行を働くことでしょう。お金を稼ぐためにギャンブルに行くなどです。それを正当化するために、「お前のためにお金を稼ぐよ」などと言うことでしょう。冷静に考えてみれば本末転倒な悪行三昧。しかし、ダメンズ好きの女性にはそれが格好良い行いかのように一瞬映ってしまうんですよね。ハラハラしてしまいながらダメンズを応援してしまう。そんな経験はありませんか?しかし、そのハラハラドキドキは恋愛のドキドキではないことにやがて気がつくことでしょう。

 

ダメンズの口先の言葉に愛を感じてしまう

 

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

ダメンズは口先だけの愛を語ることが得意。「好きだよ」「愛しているよ」「お前だけだ」などと歯の浮くようなセリフを恥ずかしげもなく口にします。そうすることで女性を引き止められると勘違いしているんですね。愛の言葉をストレートに受けることに喜びを感じるタイプの女性には中毒性のある言葉たち。そのため、その言葉を求めてダメンズの面倒を見てしまうのです。

 

支えている自分に酔いしれてしまう

 

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

ダメンズのダメな行いを肯定しているわけではありませんが、ダメな部分を支えている自分に酔いしれてしまう女性もいることでしょう。要するに共依存状態。「私がいないと彼はダメなんだ」「私しか彼のことを理解できない」という大きな勘違いをしているケースもあります。そしてそのことに喜びと快感を感じてしまうんですね。一種のダメンズ中毒症状。ほぼ、末期状態と言えるでしょう。

 

ダメンズを見ていると安心してしまう

 

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

ダメンズのダメっぷりを見ていると、自分が優れた女性だと錯覚してしまうことも。人間は自分よりもダメな人間を見ると安心してしまう傾向がありますよね。いわゆるその状態。彼がこれだけダメな人なんだから、自分なんてまだまし、と自分に甘くなってしまいます。例えば、彼は職を転々としているけど、自分はずる休みをしているだけ。だから彼よりも私はまだいい人間だという具合です。共依存状態が進行すると、どんどんお互いがダメな方向へ流れてしまうかもしれません。注意が必要な状態です。

 

ダメンズを回避するためには

 

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

もしも、ダメンズは2度とごめんだと感じている女性や、これから先もダメンズには関わり合いたくはないと感じる女性は、相手のかわいそうな姿に同情しないこと。その優しさが仇になっています。そして、自分に自信を持って、もっといい男を探す努力をすることです。ダメンズと手を切りたいなら簡単なこと。ダメンズは別れには応じにくいですが、面倒なことは嫌いなので、音信不通になってしまえばしつこい追いかけには合わないことでしょう。あなたがいつも救いの手を出しているから彼はあなたに頼ってくるだけです。つまりは、相手にしなければ、それだけで彼はあなたから離れていきます。このようにダメンズには興味を持たずに相手にしないことが一番の薬になるでしょう。ダメンズと一緒にいるとあなたのレベルも下がってしまうかもしれません。早めに手を切ることをおすすめします。

 

ダメンズだっていいかもしれない!

 

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

とはいえ、ダメンズが男性としては魅力的な一面があることも事実です。女性の母性本能をくすぐり、愛の言葉を素直に表現できる部分はダメンズ特有のもの。そのため、上手にダメンズを調教していくならダメンズでもいいかもしれません。ただし、そのためにはあなたに強い意志があり、あなたの人間性のレベルが相当高くなければいけません。ダメンズを可愛がりながらも、ダメな部分はしっかりと叱り、上手に「実行する」ように彼を仕向けていく必要があるでしょう。時間はかかるかもしれませんが、根気強く実施することで調教は可能です。ただし、調教中には何度もダメンズからの裏切りに合うかもしれません。それでも好きだと思えるなら調教するのも1つの手段です。

 

まとめ

 

女性がダメンズに惹かれてしまう理由

 

ダメンズは本当に責任感がなく弱い男性です。しかし、女性がダメンズに惹かれるのは当然なのかもしれません。天晴なほどにダメな男性はむしろ魅力的。しかし、ちょっと待って!本当にそのままでいいですか?世の中には素敵な男性がたくさんいますよ。自分と向き合って、本当にダメンズでいいものかをもう一度考えてみましょう。もしも、やはりこのままではダメだと感じるなら早めにダメンズから手を引いた方が得策です。ダメンズはあなたがいなくても、またどこかに寄生してふてぶてしく生きていけますよ。それでもダメンズがいいのであれば、覚悟を持って調教していきましょう。